有料老人ホームの夜勤の業務内容と勤務スケジュールについて

有料老人ホームの夜勤の業務内容とスケジュールについて

夜勤専従看護師として働きたい場合、働く場所の選択肢がいくつかあります。

 

大きく分けて、病院系と施設系に分かれるでしょう。

 

病院の中でも細かくみていくと、一般病棟、外来(主に救急外来)、透析室(施設により)、手術室、集中治療室などが夜勤業務のある部署です。

 

またクリニックにおいても産科クリニックなどは夜間の分娩や入院設備があるため、助産師や看護師の夜勤者が必要な施設であり、透析クリニックなども夜間透析やオーバーナイト透析を行っている施設は看護師の夜勤者が必要になってきます。

 

一方、施設とは介護老人保健施設(老健)、特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホームの3種類があります。

 

老健と特養は法的な夜勤看護師配置義務がないため施設側の自助努力で夜勤看護師をおいている施設や、夜勤者がおらずオンコール体制の施設もあります。

 

求人サイトで特に募集が多いのが有料老人ホームでの夜勤になります。

 

では、有料老人ホームの夜勤は一体どのような業務があるのでしょうか?病棟の夜勤と比べてどのような違いがあるのでしょうか。見ていきましょう。

 

施設の夜勤業務の特徴

病院の夜勤業務は部署にもよりますが、一般病棟での夜勤業務としては、

 

・検温
・食事介助
・与薬(内服)
・点滴管理
・吸引
・排泄介助(トイレ介助、おむつ交換)
・体位変換
・血糖測定
・注射
・消灯後の巡視
・手術患者のお迎え
・検査のお迎え
・翌日の手術や検査の準備
・採血
・記録
・緊急入院の対応など

 

多岐にわたります。

 

病院ではADLの自立している検査入院の患者さんから、要介護状態の重症度の高い患者さんまでひとつの病棟に入院しているので、その日の状態により業務量が異なってきます。一方有料老人ホームは、その施設の基準によって受け入れている入居者さんの状態が様々です。

 

医療ケアの多い重症な方を受け入れている施設もあれば、ほとんど自立か要支援の入居者のみという施設もあります。

 

病院の夜勤のように日によって忙しさが異なるというより、多忙な場所と比較的ゆったりとした場所と施設によりかなり差があるといっていいでしょう。

 

夜勤業務内容は介護度や医療行為の必要量によってまちまちですが、一時的に入院している病院と違ってある程度の長い期間生活していく場所ですので、入所者さんの生活の援助を行うことに重きを置いています。

 

そのため、それぞれの生活リズムや生活スタイルにあった業務になります。

 

有料老人ホームの夜勤スケジュールの一例(2交代16時間制の場合)

 

準夜勤
16:30 申し送り、定時薬・頓服薬の確認
17:00 食事準備(食前薬、吸引、補助具の準備、経管栄養、移動介助)
18:00 配膳、食事介助
19:00 下膳、食後の配薬
20:00 イブニングケア(口腔ケアなど)、寝衣へ着替え、トイレ介助
21:00 眠前薬の配薬、ベッドへ移動介助、消灯
22:00 ラウンド
0:00 ラウンド、記録
2:00 ラウンド
4:00 ラウンド
6:00 ラウンド、食事の準備(経管栄養、内服薬等)
7:00 起床、モーニングケア(洗顔)、トイレ介助、着替え
8:00 朝食配膳、食事介助、食後薬配薬、口腔ケア
9:00 記録、日勤へ申し送り

 

緊急手術や検査などがなく夜間は就寝しているため、ラウンドや安全管理が主な業務になります。

 

看護度に応じて吸引、体位変換、おむつ交換、点滴、経管栄養の有無など施設によって業務量が異なってきますが、就寝前にパジャマに着替えたり洗面を介助したり転倒予防など、病院よりも生活面での援助が多くあります。

 

施設(老人フォーム)の夜勤専従者に求められる資質

病院の看護師との一番の違いは施設では看護師が指示をする立場に置かれるため、介護スタッフから報告を受けたり相談されたことについて自身が判断しないといけないということです。

 

主に夜勤看護師は一人体制であり医師は不在でオンコール体制であるため、急変時の対応や救急搬送、医師や家族への連絡など、すべて自分でアセスメントし決定する必要があります。アセスメント力、判断力が求められ、臨機応変に対応しないといけないため、ある程度看護師経験が必要でしょう。

 

また、看護技術としても吸引や体位変換、おむつ介助などの基礎看護技術はもちろん、気管切開、胃瘻(PEG)、腸瘻、経管栄養、在宅酸素療法(HOT)、褥瘡ケア、IVHポート管理など急性期病棟ではあまり見ないような慢性期の看護ケア技術が求められます。

 

介護スタッフから便秘時の指示や、不眠時、不穏時の対応なども求められたり、発熱やバイタルサインの異常がある場合も報告を受けます。

 

何もなければ施設の夜勤業務自体は病院の病棟夜勤より落ち着いていることが多く、病棟夜勤を経験していると楽に感じることもあると思います。

 

しかし、医師が不在な分看護師の責任が重いため何かイレギュラーなことが起こった場合どれだけ対応できるかという行動力が求められます。夜勤はやりたいけど体力的に病棟の夜勤は辛いという、ある程度経験を積んだ中堅看護師などに施設の夜勤専従は向いていると思います。

 

⇒夜勤専従看護師への転職 〜業務内容は?給料は高い?正社員も可能?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP